財務改善道場

2020.08.18

小規模事業者のための財務体質強化シリーズ ~コロナに打ち勝つ!!~第7回目~

2020.08.16

小規模事業者のための財務体質強化シリーズ~コロナに打ち勝つ!!~第6回目~

2020.08.16

小規模事業者のための財務体質強化シリーズ~コロナに打ち勝つ!!~第5回目~

2020.08.10

小規模事業者のための財務体質強化シリーズ~コロナに打ち勝つ!!~第4回目~

2020.08.10

小規模事業者のための財務体質強化シリーズ~コロナに打ち勝つ!!~第3回目~

2020.08.10

小規模事業者のための財務体質強化シリーズ~コロナに打ち勝つ!!~第2回目~

2020.08.10

小規模事業者のための財務体質強化シリーズ~コロナに打ち勝つ!!~第1回目~

財務改善コンサルタントとして、約40年の実績を活かし、今回のコロナで経営危機に

陥った企業の皆様にお役に立つ情報を提供したく、このシリーズを始めました。

2020.04.06

コロナ融資への取り組み方

借入金の申込については、この図のように慎重に検討しましょう。

これは、当社の社員も全員にも配布しています。

※図をクリックするとPDFで開きます

 

 

2019.11.05

財務地質改善道場(BS編①)

財務諸表3表の関係を図にしてみると以下の様になります。

貸借対照表が教えてくれるもの

  1. 決算日時点での財産目録と呼ばれています。(資産・負債・純資産等の額)
  2. 過去の経営判断の集大成・・・経営の通知表です。
  3. 会社が解散するまで数字は何年も継続します。
  4. 企業存続の安全性を見ることもできます。
  5. 固定資産の部をみるとその会社の業種がわかります。
  6. 企業存続の改善ポイントを示します。(安全な会社作りはこの強化から・・)

損益計算書が教えてくれるもの

  1. 利益(損失)がどこから出たかが分かります。
  2. 税務署から見たら税金計算書です。
  3. 決算が終わったら期首には0にリセットされます。
  4. 企業収益構造の改善ポイントを示します。

C/F(キャッシュフロー計算書)が教えてくれるもの

前期と今期の現預金残の増減の理由(原因)を示すものです。
①営業活動  ②投資活動  ③財務活動・・に分かれます。

2019.11.05

財務地質改善道場(BS編②)

財務諸表を読める(理解できる)メリットとは

  1. 現状を隠さず厳しく捉えることができます。
  2. 今まで見えなかった問題点・原因を発見できます。
  3. 幹部と危機感を共有出来ます。
  4. 改善のスタートとなり、解決策・改善策へつながる行動が生まれます。
  5. P→D→C→Aのサイクルを回すために、数字が必要不可欠と分かります。
  6. 経営計画のスタートは、この数字の改善策からということが分かります。
  7. 安心・安全な会社へのヒントがたくさん隠れています。

貸借対照表を図に書いてみると

  1. 創業当初は右の「自己資本」+「他人資本」で調達しています。
  2. その調達されたお金を左に投下して、必要な資産を購入しました。
  3. この資産をフル回転させることで、企業は利益を上げていきます。
  4. 簿外資産・簿外負債に注意が必要になります。
  5. 剰余金は創業から今日までの、利益(欠損)の合計が表示されます。
  6. この表は、経営者のこれまでの「意志決定の積み重ね」とも言われています。
  7. 財務体質が強いか・弱いかは、この表が教えてくれます。
経営者の方へCDのご案内