吉冨健一について(test)

株式会社 キャッシュフローコーチ熊本
代表取締役 吉冨健一

今から30年近く前の出来事です。熊本県内の某水産会社に経理として就職しました。会社の利益は順調でしたが、勘定合って銭足らずの典型企業でした。

ここまで資金繰りが悪くなった原因は、経営者の【売上至上主義とドンブリ経営】にありました。会社は売上高の大きさや利益の大きさではなく、資金繰りで経営の安定が決まるということを、身に染みて教えられた会社でした。

これと前後して、私は記帳代行会社を立ち上げました。健全な黒字企業・資金繰りに問題のない企業を作っていくことが、私の企業使命感となりました。その姿勢はその後約40年間今でも続いています。

税理士である妻が開業して今年ですでに35年になります。この35年間に数多くの企業の財務体質改善に貢献してまいりました。

さらには、全国規模の飲食業フランチャイズチェーンの計算センターを、35年前より受託してまいっております。

また、熊本商工会議所では、唯一の財務体質改善指導員として登録され、25年以上の活動を行っております。
更には企業内において、各種の社員ミーティングにも取り組んでまいりました。社長の経営方針やビジョンを、第三者的立場から社長にかわって説明し、広く社員に理解してもらうように努めております。

現在は、記帳代行会社を後継者に譲り、この仕事(CFC)をこれからの天職として取り組んでいく覚悟です。

以上、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役 吉冨健一

経営者の方へCDのご案内